Menu
  • 098-860-6869
  • 沖縄ダイビング店での予約フォーム
  • 沖縄ダイビング店での簡単予約
  • 098-860-6868
  • 沖縄ダイビング店でのよくある質問
  • 沖縄ダイビング店でのメール相談
  • 沖縄ダイビング店でのログイン
  • 沖縄ダイビング店での新規登録
  • 沖縄ダイビング店でのポイント紹介

よくある質問

ティーダに寄せられる数多くのご質問の中で特に多い内容をご紹介いたします。

ご予約・お問い合わせQ&A

Step1 お問合わせ
Q1:問合せ方法は?
●お問合せ全般はこちらからご確認ください。
●ダイビング・ダイビングスクール・ホエールウォッチングのご予約はこちらからお申込みください。
●航空券・ホテル・ダイビング格安パックツアーお見積りご希望の方はこちらからお申し込みください。出発より加算致しまして1週間前まではご予約が可能です。
●メールで直接のお問い合わせはinfo@teada-okinawa.comからご連絡ください。
※1年中、ケラマ諸島へ行っていますので電話でのお問い合わせの際、留守番電話になることが多く予約やご質問等にお応えすることが出来ません。もし宜しければメール及びHP予約フォームでお問い合わせください。
また、この時点ではご予約は成立しておりません。各お申し込み確認後、e-mail又はお電話・FAXにてご返答させて頂きます。
Q2:返答までどれぐらい時間がかかるの?
基本的にお申し込み確認後、48時間以内にご返答させて頂きますが、出来る限り早くお応えするよう頑張ります。なお、お急ぎの場合はお電話でご連絡ください。(格安パックツアーはHPからのお見積りが最適です。)
Q3:返答が返ってこないけど?
何らかの原因でTEA-DAへお客様のお申し込み・問合わせが届いていない場合がございます。もし、お問合わせ後、TEA-DAからお客様の返信が無い場合には、お手数ですinfo@teada-okinawa.comまでお問い合わせください。確認後ご返答させて頂きます。
Step2 ご予約
Q1:予約方法は?
ご予約方法は各ダイビングメニュー、ホエールウォッチング予約フォーム、格安パックツアーお問い合わせフォーム、e−mail、電話、FAX、ご来店、いづれかでご予約・お問い合わせください。
Q2:予約が取れた後の連絡はあるの?
ダイビングコース・ツアー、その他のツアーだけのご予約に関しましては別にご連絡は致しません。但し、格安パックツアーお見積りに関しましてはご予約頂いてからお見積りを出し、メール、TELどちらかにてお客様にご確認後のご予約となります。その後お客様へお取り出来たかどうかのご連絡をさせて頂きます。
Q3:予約に必要なものは?(格安パックツアーご予約のお客様)
パックツアー手配完了後、こちらからご予約確認書、請求書等の案内をお送りさせて頂きます。ご確認書の返送とご旅行代金のご入金(お振込)の手続きをお願い致します。
Q4:予約はいつから成立するの?
ダイビングのみのお申し込みの場合は確認書がメールにて届き次第、又、格安パックツアーお申し込みの場合はお客様からご入金頂きました時点でご予約が成立いたします。
Q5:取消し・変更について
ダイビング・ホエールウォッチングのみのご予約の場合はコース開催前日の15時までに、格安パックツアーご予約のお客様の場合は出発予定日より加算して2週間前(土・日・祝祭日にあた場合はその日にあたる前日平日となります。)にご予約後の取消し、変更をお願い致します。それ以降に付きましてはキャンセルチャージが発生いたしますのでご注意くさい。なお、ご予約のお取消し・ご変更につきましては、e−mailでのご対応致しかねますのでお電話にてお願い致します。
Step3 ご予約後の手続き 格安パックツアーお申し込みのお客様
Q1:予約後送られてくるものは?
予約確認書、ご旅行代金のご入金がお済みになりましたお客様へ、ご出発の1週間〜10日前にチケット・宿泊引き換え書をお送りさせて頂きます。但しダイビング引き換え書はございませんのでご注意ください。
Q2:旅行前に準備することは?
チケット・宿泊引換書もしくはクーポン券などダイビングで必要となる器材、日常で必要になるものお忘れなくご準備ください。こちらの準備表をご確認ください。
Q3:領収書は発行してもらえますか?
ご来店の上ご入金頂きました場合や銀行振り込みの場合にはTEA-DAにて領収書を発行致します。

DIVING SCHOOLに関する質問 

Q1:Cカードって何ですか?
Cカードの正式名称はCertification Card。つまり認定証の事です。このCカードは「所有者は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。また、このCカードには「オープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「スペシャルティ・ダイバー」など色々な種類があります。
Q2:Cカードはなぜ必要なのでしょうか?
ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望ををお受けできない場合もあります。あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです。
Q3:「オープン・ウォーターダイバー」というCカードを取得すると、何が出来るようになるのですか?
自分たちでダイビング計画を立てて、インストラクターの引率無しで、講習を受けたのと同じかそれよりもよいコンディションで、限界内でのダイビングをすることができ、器材の購入やタンクのレンタルのサービスを受けられます。また、PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・コースやスペシャルティ・コースなどのステップ・アップ・コースに参加することができます。
Q4:ダイビングを始めたいとは思うのですが、仕事が忙しくあまり時間がとれないのです。何か良い方法はないでしょうか?
そんな場合には、まず体験ダイビングをしてみましょう。PADIではプールや海で6mまでの深さで行なう手軽な「ディスカバー・スクーバ」や、12mまで潜ることが出来る「ディスカバー・スクーバ・ダイビング」などの体験コースをご用意しています。いずれも1日で終了することができます。これらを経験してから、オープン・ウォーター・ダイバー・コースに参加すると、体験ダイビングで経験したことをインストラクターの判断により、コースの1部として認めることができます。また、スクーバ・ダイバー・コースでは、PADIのプロフェッショナルの引率のもとでダイビングする、という条件はつきますが短いスケジュールで取得する事ができます。(詳細はコース・カリキュラムをご参照下さい。)1度このスクーバ・ダイバーの認定を受けておいて、お時間が出来たときに追加講習をしてオープン・ウォーター・ダイバーのCカードを取得する方法もあります。
Q5:泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫でしょうか?
スクーバダイビングの場合は、タンクからエアが供給されるので、息つぎの心配が要りませんし、浮力調整ができる器材のお陰でエレベーターのように沈んだり浮かんだりがボタンひとつで簡単にできてしまいます。また、フィンをつけているので、ひと蹴りでラクに進むことができます。このようにダイビングは、泳ぎの得手不得手とはさほど関係がないのです。もちろん泳げたほうがベターですが、泳ぎ方と水面にカラダを浮かせておくテクニックは講習中にインストラクターが丁寧に指導しますから、ご心配にはおよびません。ダイビングは、泳ぐというよりも、器材の助けを借りて水中をマイペースで気楽に浮遊する、そんなイメージでしょうか。どなたにも気軽にトライできる、それがダイビングの魅力のひとつでもあるのです。
Q6:目が悪いのですが、ダイビングできるのでしょうか?
マスクをすると水中ではものが1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.1ぐらいまでなら問題はないでしょう。それよりも視力が悪い方は、また心配な方は、水中マスクに度付きレンズを入れてご使用するのがベターでしょう。
Q7:スクールの受講費用がショップによって違うのはどうして?
ひとつには単にパンフレット等に表示されている受講費用の内訳がショップによって千差万別だからです。例えば海洋実習に伴う旅行費用、それが含まれているか否かで費用は大きく変わってくるし、またどこで開催されるのか、宿泊施設はホテルなのか民宿なのかによっても違います。ポイントは、Cカード取得までにかかるトータルの費用がいくらで、表示金額にはどこまでが含まれているか、ということです。それらを確認し納得したうえでスクールに申し込むことをお薦めします。しかし受講費用はショップ選択のひとつの目安にとどめておくべきです。費用の安いショップがいい加減だとか、高いショップだから親切だとは決して言えないからです。
Q8:まず最初に揃えたほうがいい器材は何ですか?コース中、器材を購入しなければいけないのですか?
7点セットと呼ばれているマスク、フィン、スノーケル、さらにスーツ、ブーツ、グローブ、メッシュバッグは揃えたほうがいいですね。素材や機能によって価格に幅がありますが、自分のカラダとレベルに合ったものを選んでください。特にスーツは、自分のカラダにジャストフィットするものをレンタルで探すのは難しいものがあります。保温や保護の役目をするスーツは、その機能性を高めるためにも、ぜひ自分のスーツを持つことをお薦めします。BCDやレギュレータ等の重器材、これらも使い慣れてもらうためにも早めに自分のものを揃えたほうがベターです。コース受講のときから自分の器材を揃えて使用することが、結局はダイビング上達の近道ですし、講習がいっそう楽しくなること、間違いナシです。レンタル器材はオープンウォーターダイバーコース料金に含まれておりますし近眼で度付きのマスクが必要な方もUP料金なしにレンタルがございますのでご安心ください。体験ダイビングやスクーバーダイバーコース・オープンウォーターダイバーコース以外のコースにご参加のお客様に関してはフルレンタル料金¥3000(1日)を頂いておりますのでご了承ください。コース修了後、器材の購入を検討中と言う方にはお安く、長く使用できる器材をカタログなどを通してご説明、アドバイスをご提供しております。見積りも無料にて受けたまわっておりますのでTEA-DAがお出しした見積りと他店と比較してお安いところでご購入しても問題ございません。私でもそうします。押し売りなど器材を強制で買わせることはしておりませんのでご安心ください。
Q9:実技講習はどんなところで行うのですか?
一般的な都市型ダイビングショップでは提携しているプール施設で実技講習を行っています。あるいは海洋実習地の限定水域(プールと同じような潮の流れの少ない穏やかな背の立つ浅瀬)で行うことも少なくありません。海洋実習は4回のダイビングで修了しますが、それを2日間以上で行うようにプログラムされています。沖縄本島にては日帰りが一般的となります。
Q10:Cカード取得までに何日位かかりますか?
PADIの場合、通常3日間、最短で2日間です。これまでの学科講習は、レクチャールームでそれこそ丸1日かけて行っていましたが、新たに開発された自宅学習制度により最短2日間を可能にしたからです。好きなときに、繰り返して学習できるので、ダイビングに関する基礎知識が効率よく吸収できます。とはいっても知っておいてもらわないといけないことばかりなので、ちゃんと自習してきてくれたかどうか、インストラクターが簡単なクイズ形式で習得の度合をチェックさせてもらっています。という訳で実際に足を運んで受けるのは実技講習の2・3日間だけ。しかもPADIの場合、ビデオ学習を先行させる必要はありません。器材を付けて海に入るところから講習をスタートしていただくことも可能です。PADIだったら、その日から海に潜れます。
Q11:一人での参加希望。私の年齢でも大丈夫でしょうか?
お客様の年齢や体力にあわせたコース内容にしております。 実際に65歳でオープンウォーターを取られた方もいらっしゃいます。誰でも簡単にとは行きませんが私達スタッフも一生懸命にお客様と相談し優しいコースつ作りを目指しております。もちろん、何日かかってもUP料金はありませんのでご安心ください。
Q12:宿泊先を探しています。ご紹介できる宿はありますか?
はい!ございます。宿の形態は相部屋、個室などさまざまです。お客様お安く、綺麗な宿と考えご紹介しておりますので気軽にお問い合わせください。もちろんコース参加中は那覇市内全域を対象に無料にて送迎をさせて頂いておりますので移動の心配もございません。
Q13:生理中でもダイビングは出来ますか?
基本的には生活上なんの問題も無ければ大丈夫です。あまりにも生理痛が激しい場合は、ダイビングに限らず、ゆっくりと身体を休めた方がよいでしょう。Cカード取得コースでは、1回のダイビングで水に浸かっている時間は、小1時間です。その前後には、休憩時間を設けます。ビーチダイビングでは徒歩圏内に、ボートダイビングではボート上に、それぞれお手洗いが設置されているので、気軽にご利用いただけますよ。またコーススタート後でも、生理痛や体調不良が生じた場合には、遠慮なくお申し出ください。その後のコーススケジュールの調整につきましては、負担のない内容をご相談・提案いたします。
Q14:雨の日、台風の場合は中止になりますか?
いいえ!ダイビングの中止の基本は風の強、向き、波の高さなどポイントのコンディションによって決ります。沖縄本島にはいくつものダイビングポイントがございます。また、台風の場合もどこかしら潜れるダイビングポイントが存在しコース開催可能な場合もございます。勿論、天候上の都合によりコース開催が不可能な場合はキャンセルチャージは頂いておりませんのでご安心ください。コース進行可能かどうかはコース開催前日にインストラクターが当日の海況をチェックし、コース開催に最適なポイントを判断、参加者の方にご案内いたします。
Q15:コース日程以内で取得できなかった場合はどうなるのでしょうか?
TEA-DAでは日程以内に取得できなかった場合や体調不良や台風により予定している日程以内でコースが修了できなかった場合にはUP料金なしに改めてお客様とご相談して、ご希望される日にコース継続が可能ですのでご安心ください。

DIVING関連、その他の質問

Q1:一人でも参加大丈夫ですか?
はい!問題ございません。TEA-DAでは天候が許す限りお一人様からでもご案内しております。TEA-DAをご利用するお客様のほとんどがお一人様で、参加なされてお友達になる方がほとんどです。
Q2:ダイビングポイントはどんなところ??
はい!現段階では主にケラマをご案内しております。季節や曜日によってケラマ以外の島もご案内しております。(詳細はFUN・体験のページをご確認するか、お問合せください。)ツアーでは1泊2日遠征ツアーなども開催して日帰りではいけない島もご案内しております。
Q3:送迎はどうなっていますか?
はい!那覇市内であればどこまでもお迎えにお伺いいたします。到着ダイビングにご参加のお客様は空港までお迎えにお伺い致します。那覇市外のお客様に関しましてはご相談ください。
Q4:ダイビングで使用するボートは??
はい!長さ17m、幅4mの大型のダイビング専用ボートとなります。温水シャワーは3箇所、トイレ、更衣室やキッチン、仮眠室もついており設備は充実、水面から近いエントリー、エキジット場所、フライングデッキは広々としておりとても快適に過ごせます。
Q5:ポイントのリクエストは??
はい!可能です。ポイントがわからない方でも見たい魚をリクエストして頂ければできる限りはお見せ致します。
Q6:目が悪いのですが、ダイビングできるのでしょうか?
マスクをすると水中ではものが1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.1ぐらいまでなら問題はないでしょう。それよりも視力が悪い方は、また心配な方は、水中マスクに度付きレンズを入れてご使用するのがベターでしょう。
Q7:到着日から潜りたいのですが・・・?
はい!問題ございません。午前中着であればチービシへ午後15時以内であれば各ビーチでのダイビングや恩納村でのボートダイビング(季節により出航時間は異なりますのでお問合せください。)も可能です。
Q8:一日何本まで潜れますか??
はい!一日便につきましては3ダイブまでとさせて頂いております。安全面や快適にのんびり一日を過ごしていただく為には一日3ダイブが限度だと考えております。
Q9:ログ付けはどこでしますか??
はい!ショップにてご案内しております。デジカメの画像や辞典・全域、水中ポイントマップや魚シールなどで楽しみながらログ付けが可能です。
Q10:支払いはカードでも大丈夫??
はい!こちらのカードがご利用頂けます。カード情報
お客様の声
MORE

海も船も楽しく過ごさせて頂きました。(トローリングは残念ながら釣れませんでしたが(笑))特に島には昔ながらの赤瓦にシーサー、時間を忘れるくらいにのんびりできました。合計8ダイブ、満足のダイブクルーズでした!明日から仕事ですが、沖縄ぼけがいつまで続くかが不安ですが・・・(笑)

昔の沖縄はこうだったんだ!と思わされるくらいのツアーでした!イソマグロ・ギンガメアアジのトルネード、青がすごく際立つ洞窟、断崖絶壁のドロップオフなどなど多くの生物、大物との遭遇に感動させられるツアーでした。PS バーベキューは特に最高でした!

沖縄でダイビングのお問い合わせは今すぐ、こちらから!
tel
098-860-6868
沖縄ダイビングによくある質問 沖縄ダイビング簡単予約
fax
098-860-6869
沖縄ダイビング予約 沖縄ダイビングについて相談フォーム